安倍ちゃん暗殺の真犯人は誰?今なおくすぶる、スナイパ-複数犯人説 

 あのショツクな事件からもうかなり時間が経っているが、未だに被疑者と目されている山上被疑者には、選挙を妨害した件と、自分で勝手に銃を造って発砲したとかの嫌疑だけしか起訴されていない。安倍ちゃん暗殺の起訴は今の段階の状況判断では難しいようだ。高い壇上に立っていて、首から入った銃弾の経路の説明が困難。さらに重要証拠の殺害銃弾が行方不明とか、今の段階では、被疑者が殺害者と特定するのは困難のようだ。選挙妨害と銃作成、発砲くらいでは、被疑者の刑期は余り重くならない。選挙妨害は軽犯罪の部類?それにしても、あれほどのショツクな事件、開けてみると誰が犯人かわからない事象が次から次へと。

 一説には、スナイパ-複数犯人説。近くのビルの高階から射撃されたというのだ。Twitterには被疑者発砲コンマ秒前に、既に安倍ちゃんの首から血が吹き出ている写真がアップロ-ドされている。こんな写真が出回るほど、今回の事件は真偽不明の事象が多すぎる。安倍ちゃん担当医と、解剖医の所見の食い違い。警察発表の内容が何か真偽を隠しているっぽい。特に最初の頃の警察発表情報が、責任逃れを意図した情報発表と世間の人に思われてしまった。ので、むやみに、検察から出てくる情報を真実と信じられなくなってきた国民も多い。何か、当局は重大な情報を隠しているのではと、多くの国民は思ってしまう。日本の権力上層部は、米国、シナ、ロシア、韓国、北とかの関係で複雑に絡む。安倍ちゃん複数犯人説だと、安倍ちゃんが居ては困る勢力の犯行となる、のだが。

 今後、複数犯人説が正しいかどうかは、現在の被疑者が、獄中で亡くなるかどうかが大きな判断材料になると思われる。現在被疑者は、同情論者も多く、いろんな人から助命嘆願書や義援金や沢山の差し入れがあると報道されている。書留とかで送られた現金も百万単位とか。差し入れも、トラック何台分も送られているようだ。気になるのは、複数犯人説なら、別に今の被疑者、山上は不要ではないかという疑問だ。真犯人の捜査焦点をはぐらかすため?何故わざわざ山上を一枚組み込んだのか?

真の暗殺者は他に二人か?警察「司法解剖」への科学的な疑義|安倍総理暗殺事件
【政治考察】 故・安倍晋三(甲午)総理が暗殺されて四十九日「満中陰」。仏教では、死後七日毎に裁判が行われる。判決次第で来世が変わる。最後の判決日が四十九日。詰まり、本日。安倍総理暗殺事件は、「旧・統一
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

山上発砲前に、既に首から血が出ていたと主張する、怪しげな写真がTWITTERにも流れているのだが、ぼやけているので、これではな?

それにしても陰謀論者が喜びそうな数々の不可思議な事象。

 安倍ちゃんが銃弾に倒れる瞬間も含まれているショツキングな動画。